◇海事代理士 田嶋事務所が運営しております!

★ボート免許更新or失効再交付★

◆ボート免許の更新制度と有効期限について

▼操縦免許証の有効期間は5年で、更新手続は、有効期限の1年前から行うことができます。

有効期限が切れた場合、その操縦免許証で船長として乗船する事ができません。

このような場合は、失効再交付講習を受講して、操縦免許証の再交付を受けることで再び船長として乗船することができるようになります。

 

▼有効期限の見方

例)免許取得日:  平成24年6月30日の場合

*免許証の有効期限は平成29年6月29日です。

*更新期間は    平成28年6月30日~平成29年6月29日迄 

*次回の有効期限は 令和4年6月29日です。

 

▼更新要件

操縦免許証を更新する為には、身体適性基準を満たし、次のいずれかの要件を満たす事が必要です。

 

①登録講習実施機関(JMRA等)の行う更新研修を修了している事。

 

②5年の間に、船長として1か月以上の乗船履歴がある事。<詳細は中部運輸局等へお問い合わせ下さい>

 

③前項の乗船履歴がある者と同等以上の知識及び経験があると、地方運輸局長が認める職務に一定期間従事していたこと

<詳細は中部運輸局等へお問い合わせ下さい>

 

◇当事務所での更新・失効再交付の流れ

◆更新


更新講習日を決定します。

当事務所にお問い合わせ頂ければ、ご案内も致します。

 

②当事務所へ申し込み(電話・メール・ファックス等)⇒

代行手数料のお支払い(講習日まで日数がない場合は後日でも承ります)

 

③必要勝利を当事務所宛、講習日の10日前(必着)までに送付願います。

 

④講習受講(身体検査がありますので眼鏡・コンタクト等と操縦免許証・筆記用具をご持参ください。)

 

⑤当事務所から操縦免許証(更新分)の送付もしくはお渡し

 

◆失効再交付


失効再交付講習日を決定します。

当事務所にお問い合わせ頂ければ、ご案内も致します。

 

②当事務所へ申し込み(電話・メール・ファックス等)⇒

代行手数料のお支払い(講習日まで日数がない場合は後日でも承ります)

 

③必要勝利を当事務所宛、講習日の10日前(必着)までに送付願います。

 

④講習受講(身体検査がありますので眼鏡・コンタクト等と操縦免許証・筆記用具をご持参ください。)

 

⑤当事務所から操縦免許証(更新分)の送付もしくはお渡し

 

 


▼必要書類の送付先

 

〒446-0007

愛知県安城市東栄町5丁目26-2

ライオンズマンション安城東栄町601

海事代理士 田嶋事務所 宛

 

TEL:0566-78-4311

FAX:0566-98-7678

携帯:090-4086-4467


◆必要書類<更新・失効再交付とも共通>

 

必要書類    注意事項
小型船舶操縦免許証のコピー 必須 

小型船舶操縦免許証を紛失された方は、身分証明書のコピーが必要

委任状一通

必須 

下欄よりダウンロード可能です!記名・捺印。三文判(認印)で大丈夫です! 

写真2枚 必須  6か月以内撮影のもの。規定のサイズがありますので下記の注意点をご参照下さい。
住民票(本籍地記載のもの)

本籍地・住所に変更がある方のみ提出が必要です。(1年以内に発行されたもの)

戸籍謄本(抄本) △  氏名(姓)に変更があるときのみ必要です。

 

 

ダウンロード
小型船舶操縦免許証委任状(更新・失効再交付用)
小型船舶更新委任状.pdf
PDFファイル 270.7 KB

【提出用写真について】:スピード写真可(パスポートサイズです!)

①サイズ:縦:45mm × 横:35mm

②顔の大きさ:27mmから✙-2mm

③6か月以内に撮影

④無帽

⑤背景がないもの(スナップ写真は不可です)

⑥正面を向いているもの

◆当事務所へ依頼した場合の料金

  更新  失効再交付
身体検査料   750円  750円 
講習受講料  3,450円   8,250円 
交付用印紙代 1,350円 1,250円 
手続き代行手数料 (税込) 4,250円 

4,750円 

合計金額(税込) 9,800円  15,000円 
*住所や氏名・本籍の都道府県に変更がある場合には、プラス1,000円(税抜)
*紛失や毀損の再交付も一緒に申請される場合には、プラス1,000円(税抜) となります。